犬猫食堂 紫陽花

紫陽花について

Menu

“素材の力”を引き出すのが、モットー。
たとえば、野菜のシャキッという食感や、ほっこりした
甘み、キリッとした辛み、苦み。
お米を噛むたびにふくらむ旨み。
そのひとつひとつを楽しんでいただくために、食材は、
なるべく、できるだけ、有機栽培されたもの、
添加物の含まれていないものを使用しています。
ちなみに、お砂糖は奄美大島の素炊糖と、小浜島の黒糖。
お塩は、新潟の富樫さんが作っている白いダイヤ。
卵は、新潟のオークリッチの放し飼い卵。
野菜は旬に合わせて、その時々のおいしいものを
探します。

また、ワンちゃんと一緒のご来店も歓迎。
この辺りは、草木がこんもり茂る蛇崩川緑道もあり、お散歩にぴったり。もしも「ちょっと歩き疲れたな」なんていうときには、よりみちしていってください。
犬猫食堂 紫陽花では、動物愛護センターから犬や猫を引き取り、里親が決まるまで面倒をみる「預かりボランティア」も。隣のお部屋でのんびりくつろぐ動物たちをガラス越しに見ていると、ホッと気持ちがなごみます。何をするでもなく過ごすそんなひとときも、なんだかいいもの。
ドッグホテルのご利用をお考えのお客さまも、お気軽にお越しください。

紫陽花では2013年より犬猫の里親さんが決まるまでの間、保護犬猫を預かるボランティアをはじめました。
現在、NPO法人アルマ チームZERO で保護した犬猫を預かっています。
カフェスペースから保護している犬猫をガラス越しに見ることができます。
犬猫を家族に迎える時、ペットショップではなく保護犬猫を選ぶことを少しでも多くの方に知っていただけたら幸いです。

犬猫食堂 紫陽花

紫陽花のご利用について

  • 施設維持のため滞在時間制となっております。(30分ごとに300円もしくは1ドリンク)
  • 保護っ子たちがびっくりしてしまうのでなるべく少人数でのご利用をお願いしています。(1組4名まで)
  • 店内での事故等については一切の責任を負いかねます。
  • お子様連れのお客様にお願いです。お子様から目を離さないようにしてください。お子様だけでテラスや店内で遊ばせることはご遠慮願います。